糖尿病の治療は継続が大事|カロリー摂取を考えよう

カップル

生活習慣病予防のために

家族

生活習慣病としても有名な糖尿病は、心筋梗塞や動脈硬化などのリスクも高くするために早期の対応が大切で、おもな治療方法としては食事療法と運動療法と薬物療法があり、薬物療法には内服薬とインスリン治療があります。

Read More

慢性的に多い病気

男の人

糖尿病とその予備軍の患者は、日本には数多くいます。そもそも糖尿病になる原因は、食生活が欧米化しつつあるからです。肉などの高脂肪のものを食べると、インスリンが働かなくなり、高血糖の状態が続きます。なので、症状を治療するには食事に気をつけることが大事です。

Read More

筋肉増強でカロリー消費

シニア男性

アミノ酸で筋肉増強

糖尿病を患うと、初期は自覚症状が少ないですが、進行すると合併症が発生するようになります。合併症が発生すると、命に関わることもあるので、糖尿病の治療は積極的に行うことが必要です。そうした糖尿病の治療では、運動をしてカロリーを消費することが重視されています。運動をしてカロリーが消費されるのは、筋肉が収縮するためです。その点で筋肉の量が多いほど、カロリーをより多く消費することができます。したがって糖尿病の治療では、筋肉増強を行って、カロリー消費を促進することが大切なのです。そこで人気になっているのが、アミノ酸を摂取することです。アミノ酸は筋肉の原料なので、摂取することによって筋肉増強効果が期待できます。

アルギニンが役立ちます

そうしたアミノ酸は複数存在していますが、なかでも効果が高いとされているのがアルギニンです。アルギニンは筋肉の原料になりますが、それ以外にもストレス軽減効果もあると言われています。人間はストレスが大きくなると、精神的なものだけではなく自律神経が正常に機能しなくなります。自律神経が正常に機能しなくなると、さまざまなホルモンの分泌にも影響するのです。そのためストレスが大きくなると、テストステロンの分泌量が減少し易くなります。このテストステロンには、強い筋肉増強効果があるのです。すなわちアルギニンを摂取すると、ストレスが軽減して筋肉増強効果があるのです。したがってアルギニンは、糖尿病の治療に役立ちます。

より健康的な毎日を

お年寄り

糖尿病とは、血液中のブドウ糖の濃度が高くなってしまい、インスリンというホルモンが上手に機能しなくなってしまった状態を言います。糖尿病を治療するためには食事療法・運動療法という二つのアプローチから体質を改善していくことが大切です。

Read More