糖尿病の治療は継続が大事|カロリー摂取を考えよう

親子

慢性的に多い病気

男の人

症状が起きる原因

現在、日本では、糖尿病とその予備軍の患者が増加傾向に有るといわれています。糖尿病の患者が740万人、その予備軍が880万人もいるという事です。今後もますます患者が増え続けていくと推測されています。糖尿病が増えている一番の原因は、食生活が欧米化になりつつあることです。お肉など高脂肪のものを多く摂りすぎると、血糖値を抑えるインスリンが働かなくなります。その結果、血糖値が上昇して糖尿病に繋がります。その他にも、仕事などで忙しい人が多く、運動量が減ったことも原因です。糖尿病の自覚症状が出たときには、すでに症状が進んでいることが多いです。そのまま放置すればするほど、治療が難しくなっていきます。なので、異常を感じたらすぐに病院で治療を受けることをおすすめします。

日常生活で気をつけること

糖尿病の治療のためには、食生活を改善する事が大事です。というのも、食べてはいけないものを摂取すると高血糖に繋がるからです。たとえば、甘い菓子やジュース、脂質の多い肉などの食事を徹底的に排除したほうが良いです。これらの食品は、インスリンを効かなくさせて血糖値を上昇させるからです。その他の注意点は、夜遅くに食事をするのを避ける事です。さらに、朝、昼、夜と1日3食決まった時間に食べる事が大事です。決まった時刻に食べる事で、すい臓の負担を抑えて、機能を取り戻せるようになるからです。それと、食事では野菜や豆、きのこ類などの食物繊維を積極的に食べると良いです。食物繊維には、糖の吸収を穏やかにして血糖値の上昇を抑えてくれる効果が有ります。上記に気をつければ、糖尿病の症状の治療に繋がります。