糖尿病の治療は継続が大事|カロリー摂取を考えよう

親子

生活習慣病予防のために

家族

三種類の方法

糖尿病の治療は食事と運動、薬の三種類で、病院での治療では基本的に薬物療法となりなりますが、食事や運動といった治療方法に関しては、日常的な生活習慣の工夫によって可能となりなす。食事療法では栄養バランスの良い食事が大切で、外食の際には注意しましょう。また最近では糖尿病専用の食事も登場しており、手間もかからずに手軽に利用することが出来て便利なために人気もあります。そして運動に関しては継続的に毎日実施することが大切ですが、合併症などがある場合は運動することが逆にリスクにつながることもあるため、医師に相談の上で実施するかどうかを判断しましょう。ちなみにおすすめの運動方法は有酸素運動で、ウォーキングやサイクリング、水泳などは簡単に実行できるので人気もあります。

食事内容の工夫

病院での薬物療法は基本的ですが、やはり運動と食事は糖尿病の治療方法として重要です。とくに食事は糖尿病患者の場合、毎日同じカロリーの食事にすることが大切で、それに栄養バランスも考えたものにしなくてはいけません。とくに大変なのは外食ですが、外食の場合はメニューに記されているカロリーや食品交換表を参考にしつつ、丼物よりは定食にしたり、揚物をできるだけ避けるなどして摂取カロリーを下げるように工夫しましょう。他にも宴会はできるだけ避けたり、禁酒するといった方法もあります。またスーパーやドラックストアなどには糖尿病専用の食事セットも市販されていますし、宅配やそういった食事を提供する食堂などもあるため、それらを利用しても良いでしょう。